クーラー病対策

身体の疲労感やだるさにおすすめ

クーラー病対策サプリの詳細はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

クーラー病の症状は?

 

クーラー病(冷房病)とは、冷房の影響で体温調整が上手くできなくなり自律神経のバランスが崩れてしまう病気です。

 

クーラー病になると、発熱やめまい、吐き気などの症状が出てきます。

 

 

自分で冷房の温度を調整できればクーラー病対策もある程度できますが、会社などの環境ではなかなかそうもいかないですよね。

 

特に夏の暑い時期になると冷房の効き過ぎはつらいですよね。

 

特にずっと社内で事務をしている女性にクーラー病は多いようです。

 

 

そんなクーラー病の対策を考えている方に、おすすめのクーラー病対策と治し方を挙げてみましたので、参考にしてみてください。

 

 

クーラー病の症状

 

体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、神経痛、腰痛、腹痛、食欲不振、便秘、下痢、頻尿、不眠、鼻炎、月経不順など。

 

クーラー病対策でおすすめは

 

クーラー病対策では、できるだけ体温が下がらないようにすることが一番です。

 

そのためには、服を着こんだりカイロを貼ったりという表面的な対策ではなく、身体の内側から冷えを感じないように改善する対策が必要です。

 

体温調整が上手くできる身体に改善することが大事なんですね。

 

 

身体の芯からポカポカになるような対策でおすすめなのが生姜です。

 

生姜は冷え性に効果があることはよく知られていますが、それ以外にも脂肪燃焼や血行改善の効果もあるので、冷え性と同じ症状があるクーラー病にはおすすめの対策です。

 

 

生姜を使った対策には、食事にとりいれたり、すりおろして紅茶やココアなどに混ぜて飲む方法があります。

 

生姜をわざわざすりおろしたり、毎日摂るのは飽きてしまい続けられないという方は、生姜サプリメントという方法もあります。

 

サプリメントなら面倒な手間もなく、生姜が嫌いな方でもクーラー病対策が簡単にできますよ。

 

 

ちなみに、こんな生姜サプリメントが、クーラー病対策には人気のようです。

 

 

なごみ美人



 

『なごみ美人』は冷え性と肩こりを改善してくれる成分を配合したサプリです。冷え性だけでなく肩こりからくるずっしりとした疲労感にも効果があるので、体のだるさを感じている方にはおすすめです。女性にはうれしいコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分も含まれています。

 

なごみ美人の公式サイトはコチラ

 

 

金時生姜の恵



 

『金時生姜の恵』は生姜の中でも冷え性改善に効果が高いと言われている金時生姜を使ったサプリです。冷え性改善や代謝アップに効果のある柑橘成分なども含まれているので、冷え性改善効果がより期待できます。1日40円程度なので費用対効果も抜群の生姜サプリです。

 

金時生姜の恵の公式サイトはコチラ

 

 

 

会社で症状がつらい時だけクーラー病対策をしたいという方には、サプリメントではなく紅茶やココアなどに入れて飲めるパックもおすすめです。わざわざ生姜を用意する必要がなく、好きな時に簡単に飲み物に入れて飲むことができます。

 

 

温効生姜



 

『温効生姜』は市販で売られている生姜湯に比べて、カロリーが低めなので冷え性対策とダイエットが気になる女性にはおすすめの生姜湯パックです。パックになっているので、紅茶やココアなどに入れてすぐに飲むことができます。

 

温効生姜の公式サイトはコチラ

 

クーラー病対策で日常的にできること

 

クーラー病は、自律神経のバランスが崩れてしまうことで起きてしまいます。

 

自律神経のバランスは、温度変化が5°C以上になると起きやすくなるといわれています。夏の暑い時期に、外の30°Cを超えるようなところと、室内の20°C近くまで冷え切った環境では、体温調整が上手くできなくなり自律神経のバランスを崩してしまいます。

 

温度変化をできるだけないようにするには、温度差がないように室温調整するのがいいのですが、室内温度の改善ができない環境では羽織もの、ひざ掛け、くつ下などでできるだけ体温が下がらないように対策しましょ

 

また、自律神経のバランスの崩れは、不規則な食生活や運動不足などでも起きるので、規則正しい生活をするように改善していきましょう。

 

 

温度変化が5°C以上にならないように調整しましょう

規則正しい生活と運動を心がけましょう

 

夏バテとクーラー病の違い

 

クーラー病も夏バテも、どちらも体温調整が上手くできずに体のだるさなどの症状がでます。

 

 

体温調整が上手くできなくなるのは同じですが、クーラー病と夏バテの違いは、

 

クーラー病は、冷やし過ぎて体温調整ができない

夏バテは、蒸し暑すぎて体温調整ができない

 

という体温調整の環境の違いがあります。

 

 

どちらも体温調整が上手くできないので、できるだけ温度変化が大きくならないようにすることが対策になります。

 

クーラー病の場合は体温を下げ過ぎない、夏バテの場合は体温を上げ過ぎないように対策することが大事なんですね。

 

 

夏バテとクーラー病では、体温調整の仕方の対策も違いがあるので、症状は同じでも原因がどちらなのかを考えて対策をしましょう。

 

冷え性とは

 

冷え性は、寒さによる血管の収縮や動脈硬化によって血流が悪くなることから起きています。

 

そのため、寒い時期だけでなく、夏場のクーラーの効いた室内でも、特に血行が悪くなりやすい手足に冷えを感じるようになってしまいます。

 

原因としては、食生活によって血管の収縮や血液がドロドロになり循環が悪くなってしまうことが挙げられますが、運動不足による新陳代謝が十分行われないこともあります。

 

冷え性は、血液循環にも大きく関係があるため、早めに対策をとらないと、動脈硬化などによって引き起こされる病気になってしまう危険性もありますので、十分な注意が必要です。